Equipments設備紹介

  • 歯科用CT

    歯科用CT

    歯科用CTは、3Dの立体映像でお口の中を撮影することができます。歯、神経、血管の位置、顎の骨の厚みなどを鮮明に映し出せるため、平面的なレントゲンよりも精密な診査・診断を行うことができます。

  • マイクロスコープ

    マイクロスコープ

    国内ではまだ導入率の低い、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を導入しています。歯は非常に小さく、さらに歯の中の根管となると直径が1mm足らずと非常に小さいため、肉眼で捉えることはできません。マイクロスコープは肉眼の最大20倍の視野で、歯の状態をしっかり確認しながらの治療が可能です。患部の取り残しがなくなり、再治療のリスクを大幅に低減することができます。

  • クラスB滅菌器

    クラスB滅菌器

    高水準「クラスB」の滅菌器を導入しています。日本ではまだ普及率は低いままですが、あらゆるウイルスや細菌を完全に死滅できることが最大の特徴です。治療器具はこの滅菌器を使って滅菌処置を行っており、清潔な状態で治療を受けていただけます。

  • 口腔外バキューム

    口腔外バキューム

    治療中に飛び散った唾液や血液、歯や詰め物・被せ物などの修復物を削った際に生じる粉塵などを、瞬時に吸い込む機械です。診療室内を清潔に保ち、院内感染のリスクを低減することができます。

  • エアフロー

    エアフロー

    専用のパウダーをジェット噴射で歯に吹きつけるクリーニングです。歯磨きだけでは落とせない着色汚れを効果的に落とすことができるほか、歯や歯周ポケット内のむし歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」の除去にも効果的です。

  • 電動麻酔器

    電動麻酔器

    人の手で行う麻酔注射は圧力にムラが出やすく、痛みを感じる原因となります。電動麻酔器を用いることで、コンピューター制御で麻酔液を一定の圧力でゆっくりと注入でき、痛みを軽減することができます。また、麻酔の量も通常の半分ほどですむため、身体への負担がより少なくなります。

緊急対応設備

緊急時に備えて、各種設備を備えています。

Instagram
アクセス
MENU
TOPへ