むし歯・歯周病から歯を守りたい
いつまでも自分の歯で食事をしたい
お口から全身の健康を守りたい

むし歯や歯周病は、「歯が悪くなってから治療する」のではなく「歯が悪くなる前に予防する」ことが大切です。

予防歯科の重要性

むし歯や歯周病は、初期段階で適切に対処すれば、歯を削ることなく症状を改善することができます。
その結果、痛い思いをしなくて済み、治療費や治療期間を抑えることができます。
予防歯科は、口内環境を健康に保ち、快適な日常生活を送るための重要なステップです。

むし歯・歯周病と全身の健康との関係性

むし歯や歯周病と全身の健康の関係性が、近年の研究によって明らかになってきました。

1. 心臓病との関連性

歯周病は歯肉からの出血を伴うことが多く、口内の細菌が血流に入り込むリスクを高めます。
これらの細菌が心臓に達すると、心臓病のリスクを高める可能性があります。
また、歯周病は体内の炎症反応を引き起こし、これが動脈硬化や心臓発作のリスクを高める可能性があります。

2. 糖尿病との関連性

歯周病は糖尿病患者の血糖コントロールを難しくすることがあります。
歯周病はインスリン抵抗性を増加させる可能性があり、これが血糖値の管理を複雑にします。
また、糖尿病は歯周病のリスクを高め、歯周病が糖尿病の管理を難しくするため、両者は相互に悪影響を及ぼすことがあります。

3. 妊娠との関連性

妊娠中の女性が重度の歯周病に罹患している場合、早産や低体重児を出産するリスクが高まる可能性があります。

4. 呼吸器系疾患との関連性

特に高齢者や免疫力が低下している人々が歯周病にかかると、肺炎などの呼吸器系疾患のリスクが高まる可能性があります。

5. その他の慢性疾患との関連性

歯周病による慢性的な炎症反応は、リウマチ性関節炎やアルツハイマー病など、他の慢性疾患のリスクを増加させる可能性があります。

当院の予防ケア

PMTC
(専門家による歯のクリーニング)

むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)や歯石を歯科のPMTCで徹底的に除去します。
当院には、エアフローもございます。
エアフローは、専用のパウダーをジェット噴射で歯に吹きつけ、歯磨きだけでは落とせない着色汚れを効果的に落とすことができるほか、歯や歯周ポケット内のむし歯や歯周病の原因となる「バイオフィルム」の除去にも効果的です。
PMTCは、口臭予防にも効果的です。

フッ素塗布

歯科医院では、高濃度のフッ素を安全に塗布することができます。
フッ素は、歯のエナメル質に浸透し、歯質を強化します。
また、フッ素は初期むし歯(脱石灰化)部分の再石灰化を促進します。
これにより、初期むし歯の進行を防ぐことができます。

染め出し

特殊な染料を使用して歯に付着しているプラーク(歯垢)を可視化します。
ご自身の口内状況を染め出しで見ることで、口内衛生への意識が高まり、日常のケアに対するモチベーションが向上します。

TBI(ブラッシング指導)

患者さんお一人お一人に適した適切な歯磨きの方法をご指導させていただきます。
むし歯や歯周病予防の基本は、毎日の適切なケアです。
歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの選び方から使い方まで、丁寧にわかりやすくレクチャーさせていただきます。

定期歯科検診

異常がなくても、3〜4ヶ月ごとに歯科検診を受診しましょう。
初期のむし歯や歯周病は、自覚症状があまりないため、見過ごされやすいという特徴があります。
定期的に歯科検診を受けることにより、むし歯や歯周病を早期発見することができます。
初期段階で治療を開始できれば、歯を削ることなく症状を改善することが可能です。

むし歯や歯周病を予防し、生涯を通じご自身の歯でお食事や生活を楽しむためには、予防歯科が重要です。

予防歯科は、むし歯や歯周病にならないための取り組みです。
これには、ご自宅で行う「セルフケア」と歯科医院で行う「プロケア」の両方が欠かせません。
適切な口腔ケアを身につけるためにも、当院のTBI(ブラッシング指導)を、ぜひ、ご活用ください。

Instagram
アクセス
MENU
TOPへ